大人とは違う歯科診療

子供の歯は乳歯と呼ばれていますが、大人の永久歯と比べると虫歯が急速に進むため発見したら一刻も早い歯科医院での治療が必要です。乳歯は歯の質が柔らかいため自覚症状がほとんどないまま虫歯が急速に進んでしまい、口の中でどんどん虫歯菌の数が増えるといった悪循環に陥ってしまいます。歯と歯の間やちょっと見ただけではわかりにくい歯の溝の奥など、子供が痛がらないまま進行していきます。生えたての永久歯がある場合は虫歯になるリスクが高くなり、自然治癒が望めないため歯科医院での治療が必要です。子供が治療に行きたがらないケースもありますが、虫歯治療だけでなく歯が生え変わる時期の噛み合わせを見てもらえるなどの利点があります。子供に特化した歯科医院もあり、楽しみながら治療できる工夫やスタッフがしっかりとした研修を受けている場合が多いです。専門的な知識や技術を持ち、子供が快適に過ごせるような設備が備わっているところなら嫌がらずに通える可能性が高いです。できれば虫歯になる前から予防という観点で歯科に触れさせておくと、苦労することがありません。家庭でもできる虫歯予防を教えてもらうこともでき、家族でデンタルケアができます。

↑PAGE TOP

Menu