子供の歯科の事情とは

子供が行きやすい歯科

歯科で虫歯ゼロを目指すには

子供が行きたくなる歯科の特徴は、診療が楽しみになるような場所づくりをしています。初めて行く場所はどんな所でも不安になりますが、泣いてしまったら優しく話しかけてくれるスタッフやおもちゃが置いてあり気を紛らわせることができる環境が最適です。子供にとって歯科が痛くて怖い場所ではなく、歯磨きが上手にできたり治療台で頑張ったら褒めてもらえるような楽しくコミュニケーションができる特徴を兼ね備えるべきです。1度でも嫌なところだと思ってしまったら、次に連れてくるのが大変なのが歯科ともいえます。できれば虫歯になる前に予防歯科として定期的に訪れておくと、子供にとって怖いところではなく優しいスタッフがいる楽しいところに変化させることができます。予防歯科で虫歯ゼロであることは、将来的に全身の健康を保つことができる特徴もあります。虫歯になるかどうかは3歳までに決まるといわれていて、定期的な予防をする習慣を身につけることが必要です。虫歯のリスクが減り生涯自分の歯で食べていける人は、入れ歯など歯をなくした人と比べて治療費が格段に安く済みます。歯がなくなってしまったらきちんと物を噛むことにも不自由になるため、子供には特に予防が大切です。

↑PAGE TOP

Menu