知ろう!予防歯科の重要性!

最近、予防歯科の大切さをよく聞きます。虫歯になって、歯が痛くなってから歯医者に行く人もいますが、そうなる前に予防することが大切であると言われています。定期的に歯の検診を受けることで、未然に歯の病気を防ぐことができ、健康な歯を長い間、維持することができます。老齢になり何本歯を残せるか非常に重要です。また、歯の病気は、他の臓器の病気にも関わりが深いと言われています。ですから、歯科にかかることは、大病予防としても大切なことです。

歯科で用いられるスケーラーとは

歯科では、患者の歯にできた歯垢の除去を強く勧めています。歯垢には、ばい菌の温床となるだけでなく、歯を支える歯を溶かす酸の生成にも深く関わってきます。歯垢が取り除けるような歯ブラシを選び、歯と直角に磨くが望ましいとされています。歯科では、歯垢を取り除く際にスケーラーと呼ばれる器具を使うのが一般的です。ハンドスケーラーと超音波型の2種類があり、状況に応じてスケーラーを使い分けて処理していきます。ちなみに、歯茎の上に付着している歯垢には、超音波型のスケーラーが適しています。

↑PAGE TOP

Menu